:名無しで叶える物語 :2015/05/29(金) 23:21:16.12 ID:rNTW2e5K

うみりん
短め



じりじりじり、と、初夏の日差しが照りつける。

ちょっとお散歩してたら、買い物帰りの海未ちゃんとばったり。

「夏が近付いてるって感じがしますね」

太陽の眩しさに目を細めながら、海未ちゃんはそう呟く。

『夏が近付いてる』って、何だか詩的で、海未ちゃんらしい表現だ。


:名無しで叶える物語 :2015/05/29(金) 23:21:16.12 ID:rNTW2e5K

:名無しで叶える物語 :2015/05/29(金) 23:21:47.01 ID:rNTW2e5K

「凛は、夏が似合いますよね」

それ、よく言われるんだよね。なんでだろ?

「活発で明るいからでしょうね。夏の暑さにも負けないパワーを持ってますから」

くすり、と笑う海未ちゃんの後ろの太陽が眩しくて、思わず目を逸らす。

「私は好きですよ、夏。活気に溢れてますし、早朝の冷たい空気の美味しさは格別です」

…凛は早起き出来ないから、その空気は分からないなぁ…

「1度夏に早起きしてみて下さい。すごく気持ちいいんですよ」

海未ちゃんがそこまで言うなら、ちょっと早起き頑張っちゃおうかなぁ。

「…それに、寝過ぎは良くないです」

…すいません。


:名無しで叶える物語 :2015/05/29(金) 23:22:13.66 ID:rNTW2e5K

でも、凛も夏は好きだよ。海で泳げるし!

「え?私ですか?」

その『うみ』じゃないよ!

「ふふ、すみません、冗談です」

もう。海未ちゃんって普段冗談言わないから、冗談なのか本気なのか分からないよ。

「夏に食べるアイスも格別ですよね」

そうそう!あっつーい時に食べるアイスって、なんであんなに美味しいんだろう。

…なんだか、アイス食べたくなってきちゃった。


:名無しで叶える物語 :2015/05/29(金) 23:23:13.83 ID:rNTW2e5K

「アイスですか…そうだ、凛、これからうちに来ませんか?」

「良いものがあるんです」

『良いもの』って、なんだろう?アイスかな?行く行く!




「ちょっと座って待ってて下さいね」

海未ちゃん家の広いお座敷にひとり、ぽつんと座る。

…相変わらず凄い家だなぁ…

「お待たせしました」

襖を開けてお座敷に入ってきた海未ちゃんの手には…

…かき氷機?


:名無しで叶える物語 :2015/05/29(金) 23:23:21.50 ID:rNTW2e5K

しかも、安っぽいのじゃなくて、喫茶店とかにありそうなレトロで本格的なやつ。

「そうです。先日、掃除をしていたら出てきたんです」

「アイスとは違いますが、良かったら一緒に食べませんか?」

…海未ちゃん、何言ってんの?

凛の言う『アイス』には、かき氷も含まれてるんだにゃー!

「ふふふ、それは良かったです。氷も持ってきますね」




「よいしょっと…これで準備完了です」

透明が涼しい器に、銀のスプーン。

いちごとメロンのシロップに、練乳。

そして、大きい氷の塊。


:名無しで叶える物語 :2015/05/29(金) 23:24:34.50 ID:rNTW2e5K

…つい先日かき氷機が出てきた割には、準備が良すぎない?

「…実は、これを見つけた時からかき氷が食べたくて。今日は、シロップや氷を買いに行ってたんです」

そうなんだ。まだ夏じゃないけど、今日は暑いから、フライングしちゃっても良いよね。

「じゃあ、凛、削りますか?」

やったー!昔から、かき氷機でかき氷を作ってみたかったんだよね。

かき氷機の横に付いているハンドルを回すと、ガリガリと音を立てて、氷が削られていく。

削られた氷は雪みたいな白いふわふわになって、透明な器に山を作った。


:名無しで叶える物語 :2015/05/29(金) 23:24:58.97 ID:rNTW2e5K

「季節はずれの雪みたいですね」

夏になる前にかき氷を作ってるのも季節はずれだしね。




机の上に2つ並んだ白い雪山に、色付け、もとい、味付け。

凛はメロンで、海未ちゃんはいちごのシロップ。

その上からまた、白い練乳でデコレーション。

「さあ、いただきましょう」

こんな季節にかき氷を食べるのって、初めてかも。


:名無しで叶える物語 :2015/05/29(金) 23:26:17.90 ID:rNTW2e5K

綺麗な山を崩すのは気がひけるけど、はやくしないと溶けちゃう。

雪山にスプーンを入れる度に、さく、さく、と小気味の良い音が耳に楽しい。

かき氷を頬張ると、ふわふわが一瞬で溶けて、冷たさとメロンの味が口いっぱいに広がる。

「うん、美味しいです」

「……っ!」

突然眉間に皺を寄せる海未ちゃん。

「キーンときました…」

あはは、海未ちゃんの弱点発見しちゃった。
http://u111u.info/jT66

:名無しで叶える物語 :2015/05/29(金) 23:26:44.27 ID:rNTW2e5K




ごちそうさまでした。今日の収穫は、夏以外に食べるかき氷も美味しいと分かったことだな、うん。

「あ、凛。舌が緑色になってますよ」

ほんと!?でも、そういう海未ちゃんも、口紅したみたいに唇が赤いよ。

「え!?そうなんですか!?」

さっ、と口元を隠す海未ちゃん。

…可愛いから隠さなくても良いのに。

「かっ、可愛くなんかないです!からかわないでください!」

ぷい、とそっぽを向く海未ちゃんの顔は真っ赤で、唇が赤いどころじゃなくなってる。


10 :名無しで叶える物語 :2015/05/29(金) 23:27:52.49 ID:rNTW2e5K

「…なんだか暑くなってきました。少し風を入れましょう」

すらりと開けた障子の隙間から、初夏の爽やかな風が吹き込んでくる。

「風が気持ちいいですね。少し、ここを開けておきましょう」

外から差し込む日差しが透明な器に反射して、きらきらと光を振りまく。

「今度は、他のみんなも呼びましょう。穂乃果なんか、大はしゃぎしそうです」

夏に縁側にみんなで並んでかき氷、なんて良いかもね。

シロップも、9種類用意しないとね!

「そんなに探すのも大変そうですけどね。かき氷の食べ比べというのも楽しそうです」


11 :名無しで叶える物語 :2015/05/29(金) 23:28:24.12 ID:rNTW2e5K

かき氷の食べ比べかぁ、すっごく楽しみにゃー!

「あ、凛、飛行機雲ですよ」

真っ青に塗りつぶした空に、白い線が1本。

「夏って感じの、気持ちが良い空ですねぇ」

ついこの前までコートを着てたような気がするのに、いつの間にか冬はどっかに行っちゃったみたい。

夏が近付いてくる小さな気配に、少し心が躍ったのでした。




12 :名無しで叶える物語 :2015/05/29(金) 23:29:06.92 ID:rNTW2e5K

おわり


13 :名無しで叶える物語 :2015/05/29(金) 23:30:10.74 ID:vHfr//SX

とてもよかった


14 :名無しで叶える物語 :2015/05/29(金) 23:30:33.18 ID:0OYvBYN1

乙!夏が待ち遠しくなったね


15 :名無しで叶える物語 :2015/05/29(金) 23:32:11.71 ID:NUyGuHbd

死にたくなったわ
http://u111u.info/jT66

16 :名無しで叶える物語 :2015/05/29(金) 23:32:15.23 ID:B1oM+dgY

いいねー
なんというか情景描写が綺麗


17 :名無しで叶える物語 :2015/05/29(金) 23:37:25.61 ID:Xj332owb

あなたは最高です


18 :名無しで叶える物語 :2015/05/29(金) 23:38:22.99 ID:p02zuMhZ

凄く良かった


19 :名無しで叶える物語 :2015/05/29(金) 23:42:46.42 ID:54TxHqkn

すごいノスタルジックでいい

こういうSS最近なかったから楽しめた!


22 :名無しで叶える物語 :2015/05/30(土) 08:46:00.54 ID:PPvVmsPK

縁側の人久しぶりな気がする
相変わらず素晴らしい


23 :名無しで叶える物語 :2015/05/30(土) 08:46:00.54 ID:PPvVmsPK


引用元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1432909276/